主婦の在宅ワーク 文字起こしにチャレンジしてみた結果

テープ起こし、あるいは文字起こしというお仕事をしっていますか?

主婦の在宅ワークで人気のお仕事です。

一見簡単そうなので、だれでもできる気がするのですが、これがやってみたら難しかった。わたしがテープお越しにチャレンジしてみてどれくらい稼げたか紹介します。

これから在宅ワークを始めようという方の参考になれば。

文字起こしはどんな仕事か


文字起こしって、むかしはテープ起こしって言われていましたよね。
足元のスイッチでテープを送ったり、戻したりしながら、音声の内容を入力していくイメージ。

いまでも根本的な内容は変わっていません。

講演会・会議・座談会などでICレコーダーなどに録音された人の言葉を聴き取り、その内容を文章に直す作業です。

在宅ワークとしてわりと良く募集されています。クラウドワークスやランサーズで募集がでると、たくさん応募があるので、人気のお仕事のようです。


そういえばドラマ「カルテット」で主演の松たか子さんがテープ起こしの仕事をしていましたね。松たか子さんがやるとなんだか、かっこよさげでした。

文字起こしではどんな流れで仕事をするか

ICレコーダーなどに録音された音声ファイル(MP3など)を受け取り、
音声再生ソフトで再生させながら、聞き取り、
文書ファイル(Wordなど)に入力していきます。
句読点などを整え、完成した文書ファイルを納品します。

これが文字起こしの一連の流れです。

音声再生ソフトで再生させるところは、いろいろなソフトがあります。

わたしはお仕事を受けていた会社の専用システムでやっていました。文字起こししやすいように、短い秒数でリピートする機能や、ゆっくり再生する機能が付いていました。

文字起こしは稼げるか

わたしは文字起こし専門の会社から1分60円で受注していました。
文字起こしは慣れもあると思うのですが、実はすごく時間かかります。

文字で見ればわかる単語でも、音声では意味が取りずらいです。

またスピーカーの活舌がわるかったり、声がこもっていたりするとすごくやり難くなります。

わからないことははネットでしらべて・・・とやっていると自然に時間がかかってしまいます。

なんとなんと30分の音声を仕上げるのに5時間以上かかっていました。
ということは・・・5時間で1800円。時給350円です( ;∀;)

もちろん慣れればもっと早くできると思うのですが、時給1500円とかは厳しそうですよね。

ただ、会社を通さずに直接受注できれば単価はもっと上がります。ココナラではだいたい1分100円くらいで募集していました。

文字起こしをやめてしまった訳

結果として単価が安かったのもあるのですが、、なんといってもすごく疲れるんですよ。

音を聞くのに集中力を使うんですね。好きな音楽を流しながらというスタイルも当然ながら無理ですし。。

慣れもあるとは思いますが、私は文字起こしが無理だと確信しすぐに辞めてしまいました。

でも、長く続けていらっしゃる方もたくさんいるので、合う方には合うんでしょうね。

文字起こしの仕事、見つけ方

文字起こし専門の会社のHPでは、ワーカーも募集されているケースが多いです。時期によっては募集していない場合もありますが、定期的にチェックしておくと良いですよ。


VoxT  https://voxt.jp/recruitment/
コエラボ https://koelab.jp/

クラウドワークスやLancersでも募集されています。

ところで、クラウドワークスで見ると、「文字お越し」って誤変換されていること多いですよね。

正しくは「文字起こし」です。